top of page
ttc_kasou-23.png

小型移動式クレーンとは?



小型移動式クレーンとは、吊り上げ荷重1トン以上5トン未満の移動式クレーンです。小型移動式クレーンの運転の業務に就くためには労働安全衛生法61条で小型移動式クレーン運転技能講習を修了している必要があります。


小型移動式クレーン運転技能講習とは、吊り上げ荷重5トン未満の移動式クレーンの運転(道路上を走行させる運転を除く)の業務に労働者を就かせる場合に、修了させないといけない労働安全衛生法で定められた技能講習です。


講習時間は学科13時間、実技7時間 計20時間 3日間となります。

 学科 小型移動式クレーンに関する知識   6時間

    原動機および電気に関する知識    3時間

    運転のために必要な力学に関する知識 3時間

    関係法令              1時間 計13時間

 実技 小型移動式クレーンの運転      6時間

    運転のための合図          1時間 計7時間


ただし、クレーン免許・揚貨装置運転士免許・床上操作式クレーンまたは玉掛け技能講習修了証のいずれか一つ資格のある方は、

学科・力学の3時間、実技・合図の1時間が短縮になり、計16時間にて取得可能です。

ご不明な方は、お問い合わせください。


また、小型移動式クレーン運転技能講習だけでは、荷物を掛けることはできません。

クレーンのフックに、荷を掛けたり、外したりする作業を行う場合には、玉掛けの資格も必要になります。

詳しくはご連絡ください。


玉掛け・小型移動式クレーン・フォークリフト

技能講習・特別教育・安全衛生教育

多賀城トレーニングセンター

宮城県多賀城市明月1丁目5番12号101

電話 022-364-2344

FAX 022-364-2340


3月28日~30日 小型移動式クレーン運転技能講習 受付中

👇その他のスケジュール👇

お気軽にお問い合わせくださいm(__)m

댓글


bottom of page